ホーム > 学生生活・就職案内 > 卒業生の進路

 
 
 
     
  本学科卒業後は、4割ほどの学生が大学院に進学し、さらに高度な教育・研究を受けています。
また卒業生は、国、都道府県、市、町などの官公庁、独立行政法人、総合建設・道路・材料製造に関する企業、測量・環境を含む建設コンサルタント、建築事務所やハウス系・造園会社、ソフトウェア関連会社のほか、交通・電力・エネルギー・設備関連会社など幅広い職場で活躍しています。
 

 
 
 

  主な就職先は以下の表のとおりです。
 
官公庁・公団 国土交通省、 北海道開発局、経済産業省、防衛省、 東京都、 茨城県、 福島県、埼玉県、 神奈川県、 静岡県、 千葉県、 福島県、 北海道、 群馬県、 栃木県、 長野県、岩手県、 山形県、 新潟県、 青森県、 秋田県、 愛知県、 愛媛県、 岐阜県、三重県、 富山県、 石川県、 福井県、宮崎県、 水戸市、 日立市、ひたちなか市、鹿島市、 船橋市、 千葉市、 前橋市、 京都市、 横浜市、静岡市、 仙台市、 郡山市、 黒磯市、 浜松市、 東根市、 いわき市、 中津川市、 一宮市、 北上市、 釧路市、北九州市、 神戸市、 那珂町、 旭村、 首都高速道路公団、 地域振興整備公団、都市再生機構、 台北市政府建設局、 その他
建設 鹿島、 大成、 大林組、 竹中工務店、 熊谷組、 フジタ、 三井建設、 奥村組、 東急建設、 佐藤工業、 前田建設工業、 五洋建設、 日本国土開発、 青木建設、 長谷工、 銭高組、 大日本土木、 鉄建、 日本舗道、 東洋建設、 東亜建設工業、 新井組、 竹中土木、 三井不動産建設、 福田組、 世紀東急、 小田急建設、 矢作工業、 松尾橋梁、 佐田建設、 株木建設、 若築建設、 ドーピー建設、 森本組、 日産建設、 不動建設、 大末建設、 ライト工業、 森組、 アイサワ工業、 井上工業、 大林道路、 日本道路、 ガイアートクマガイ、 植木組、 東京鉄骨橋梁製作所、 オリエンタル建設、 白石、 ショーボンド建設、 高松組、 坂田建設、 羽沢建設、 高弥建設、 渡辺建設、 鈴縫工業、 日本テトラポッド、 鈴与建設、 升川建設、 石橋建設工業、 石川建設、 常総開発工業、 常磐興産、 昭和建設、 積水ハウス、 大和ハウス、 中央住宅、 茨城セキスイハイム、 その他
コンサルタント パシフィックコンサルタンツ、 日本工営、 建設技術研究所、バスコ、 八千代エンジニヤリング、 長大、 オリエンタルコンサルタント、 大日本コンサルタント、 パスコ、 三井共同建設コンサルタント、 東電設計、 類設計室、 景観工学研究所、 コルパック、 住宅都市問題研究所、 アークステーション、 建築研究所アーキヴィジョン、 三上建築事務所、 国際開発コンサルタント、 三井デザインテック、 住鉱コンサルタント、 新日本気象海洋、 大東建設コンサルタント、 日本都市総合研究所、 環境科学コーポレーション、 東光コンサルタント、 復建技術コンサルタント、 近代設計コンサルタント、 構造計画コンサルタント、 その他
通信・電力・ガス・鉄道 NTT東日本、 東京電力、 東北電力、 中部ガス、京葉ガス 京葉瓦斯、東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、日本貨物鉄道、首都高速道路、 日本旅客会社、 日本原子力研究所、 その他
材料 旭化成工業、 積水化学工業、 小野田セメント、 日本セメント、 アクス、 日本コンクリート工業、 日立セメント、 その他
設備・エンジニアリング 関電工、日揮、 新日本空調、日立建機エンジニアリング、 竹沢興産、 西原環境衛生研究所、 その他
ソフト 日本システムウエア、日立公共システムエンジニアリング、日立情報制御システム、 日立コントロールシステムズ、インフォマティクス、アルファシステムズ、富士ソフトKCS、日本コンピュータグラフィックス、NTTラーニングシステムズ、富士通ネットワークソリューションズ、 日本電子計算、 東芝情報システム、 CSK、 クボタコンピュータ、 第一生命コンピュータシステム、 アルファシステム、 大興ファコムデータセンター、 その他
教育・その他
茨城大学、東京大学、徳山高専、岩手県立久慈工業高校、福島県立喜多方工業高校、 三和町立駒込小学校、 小松製作所、日立製作所、 日立建機、日立電線、 みずほ信託銀行、マレーシア松下、 花王、 鐘紡、 三協精機、 住友重機械工業、 その他
   

茨城大学 工学部/都市システム工学科 大学院理工学研究科/都市システム工学専攻 Dept. of Urban & Civil Eng. Ibaraki Univ.
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1 ,TEL:(0294)-38-5177(学科事務室),FAX:(0294)-38-5268
     
 
(C) Copyright Dept. of Urban and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Ibaraki University. 2009 All rights reserved