ホーム > 研究活動・社会貢献 > 研究紹介 > 景観・都市デザイン研究室

  景観・都市デザイン研究室
     
  熊澤貴之准教授、一ノ瀬 彩助教
     
 

 私たちの研究グループは、自然環境や人間の五感に配慮した美しく快適でサスティナブルな生活圏の創造を目指し、環境と人の両者にやさしい建築・都市の実現を目標に、景観・都市デザイン、建築デザイン及びそのための基礎研究を幅広く行います。
 具体的には、建築空間構造や景観構造の分析と評価手法の開発、景観・都市設計制度の分析と開発、都市・建築空間における人間の評価・行動、建築・都市の空間構成の分析などの基礎研究と、まちづくりにおける住民参画と合意形成、文化的風景と地域ブランディングの創生、公共空間の参加型デザインマネジメントなどの実践的な研究があります。分析・検証に基づいた基礎研究と具体的な建築・都市プロジェクトに発展させた実践的な研究は、新たな景観・都市デザイン論を構築するために非常に重要です。私たちは、これからも実社会との関わりから得たことを研究にフィードバックし、それを実社会へ活用するという循環を大切にしたいと考えています。

     
  景観・都市デザイン研究室のページへ

茨城大学 工学部/都市システム工学科 大学院理工学研究科/都市システム工学専攻 Dept. of Urban & Civil Eng. Ibaraki Univ.
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1 ,TEL:(0294)-38-5177(学科事務室),FAX:(0294)-38-5268
     
 
(C) Copyright Dept. of Urban and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Ibaraki University. 2009 All rights reserved