ホーム > 研究活動・社会貢献 > 研究紹介 > 建設材料工学研究室

  建設材料工学研究室
     
  沼尾 達弥教授、原田 隆郎准教授
 
   「材料工学」は、我々の身近にある社会基盤を影から支えている重要な分野の学問です。本研究室では、学生たちが熱い志をもって、建設分野で使用されている土木材料および建築材料に関する研究に励んでいます。この研究室ではコンクリート製品に関する基本的な研究から、新しい素材を建設材料として応用する研究、さらには構造物の検査・診断技術、廃棄物のリサイクル、マネジメントシステムの開発、そして、より良い生活環境を実現するための住環境に関する研究を行っています。土木・建築を問わず、幅広い範囲にわたって基礎研究から応用研究まで建設材料に関する様々な研究を実験による実現象の把握、またはコンピュータを用いてモデルによる数値解析を駆使して行っています。
     
  建設材料工学研究室のページへ
     
 
     

茨城大学 工学部/都市システム工学科 大学院理工学研究科/都市システム工学専攻 Dept. of Urban & Civil Eng. Ibaraki Univ.
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1 ,TEL:(0294)-38-5177(学科事務室),FAX:(0294)-38-5268
     
 
(C) Copyright Dept. of Urban and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Ibaraki University. 2009 All rights reserved