ホーム > 研究活動・社会貢献 > 研究紹介 > 水圏環境研究室

 
     
  横木 裕宗教授、信岡 尚道准教授、藤田 昌史准教授、増永 英治助教
     
   私たちの研究テーマは、地球環境の保全と防災です。人が自然と共生していくためには、まず自然が引き起こす現象をよく理解し、それらの人への影響や人間活動が自然に及ぼす影響の評価を踏まえて、持続可能な対応策や将来の計画を立てることが必要です。そのため本研究室では、気候変動の影響評価、海岸域の波や流れと地形変化、水環境や水処理に関する研究、未来に向けた環境創造の方法を検討しています。対象とするフィールドは、河川や湖沼、海岸から地球全体までに広がっています。本研究室で進めている気候変動の影響評価はIPCCの報告書に引用されるなど、世界的に重要な成果を発信しております。これからも、よりよい環境の創造を目指して研究していきます。
     
  水圏環境研究室のページへ
     
 
   茨城県の環境評価のGIS出力

 
  平面水槽を用いた実験風景 風洞水槽での波
     

茨城大学 工学部/都市システム工学科 大学院理工学研究科/都市システム工学専攻 Dept. of Urban & Civil Eng. Ibaraki Univ.
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1 ,TEL:(0294)-38-5177(学科事務室),FAX:(0294)-38-5268
     
 
(C) Copyright Dept. of Urban and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Ibaraki University. 2009 All rights reserved