ホーム > 研究活動・社会貢献 > 研究紹介 防災・環境地盤工学研究室

 
     
  小林 薫教授
     
   皆さんは、土や地盤を意識したことがあるでしょうか。土や地盤は建物を支える土台となり、道路やダム、河川等あらゆる社会基盤を建設する必須材料でもあります。また、地球の表面を構成している部分でもあり、地震、豪雨など自然災害の際には、人類にとって脅威にもなります。一方、水をきれいにしたり、危険な物質を外部に漏らさない機能も持ち、周辺の環境を保全します。当研究室では、そんな土・地盤のロマン、神秘を解き明かすべく、最新の実験装置、解析技術、現場調査を通じて研究・技術開発を進めています。
     
  防災・環境地盤工学研究室のページへ
     
 
  「地震や豪雨、気候変動を考慮した地盤災害の防止・低減システムの開発」の研究風景 1g場振動台模型実験装置
     
 
  海岸崖侵食の現地調査 地盤情報を利用して推定した東京都の地盤構造
     

茨城大学 工学部/都市システム工学科 大学院理工学研究科/都市システム工学専攻 Dept. of Urban & Civil Eng. Ibaraki Univ.
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1 ,TEL:(0294)-38-5177(学科事務室),FAX:(0294)-38-5268
     
 
(C) Copyright Dept. of Urban and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Ibaraki University. 2009 All rights reserved