ホーム > 研究活動・社会貢献 > 研究紹介 > 構造・地震防災工学研究室

  構造・地震防災工学研究室
     
  呉 智深教授、井上 凉介准教授、車谷 麻緒准教授
     
 

 都市インフラ構造システムや環境の安全性を高度に向上させるため、融合的で学際的な安全工学分野を切り開きながら、以下の研究に関する取り組みを行っています。

- 炭素繊維やバサルト、ガラス繊維などの連続繊維複合材による都市構造物の補強改造技術や安全安心の次世代構造システムを開発し、ナノコンポジット技術を活用した超長寿命化都市インフラの実現を試みています。
- 分布型光ファイバ技術の高度化や各種先端センサ技術の活用により、都市インフラ構造システムや環境のリアルタイム健全性監視システム、早期予測やリアルタイム被災度評価・診断システムの構築を行っています。
- 長周期地震特性の究明、モデル構築およびそれによる都市システムの被害予測に関する研究を精力的に推進しています。

     
  構造・地震防災工学研究室のページへ
     
 
  耐震補強法と構造解析
 

 

  三次元断裂系構造モデリング解析
     

茨城大学 工学部/都市システム工学科 大学院理工学研究科/都市システム工学専攻 Dept. of Urban & Civil Eng. Ibaraki Univ.
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1 ,TEL:(0294)-38-5177(学科事務室),FAX:(0294)-38-5268
     
 
(C) Copyright Dept. of Urban and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Ibaraki University. 2009 All rights reserved