ホーム > 都市システム工学専攻 > 我々の任務

 
   
 
     
  都市システム工学専攻は、大学院博士前期課程に設置されています。当専攻が対象とするのは、都市システム工学科と同じ、「安全」で「豊か」で「快適」な人々の居住環境を創造するための学際的、融合型の学問領域です。

私たちの生活に密接に関係する社会基盤整備をみても、省資源、省エネルギー、自然環境の保全、リサイクル、潤いなど様々な観点からの検討が必要です。これらを単独で考えるのではなく、従来の学問分野の壁を越え融合した学問領域や研究の取り組みが求められます。現在の都市システム工学専攻では、社会基盤施設の安全で適切な構築と保全、地域規模・地球規模の環境問題解決の方策やシステム的なアプローチ、安心で快適な街づくりのための計画・デザイン・創出に対する研究を進めておりますが、それらは独立ではなく柔軟な協調関係が求められます。さらに、研究の進め方では他の研究機関や地域の方々との連携が不可欠ですし、成果の公表とともに社会への還元、普及、実現性を大切にしていきたいと考えています。

都市システム工学専攻における教育目標としては、

人間社会の深い認識と鋭い洞察力に基づく社会的ニーズの先見的把握ができる、
都市基盤とそのシステムに関する予測技術の開発と応用ができる、
都市基盤施設の計画、設計、施工、維持管理、マネジメントの技術的課題に対応する、
力を備えることとしております。

さらに博士後期課程では、前期課程の専攻とは異なった枠組になっており、生産システム専攻、情報・システム科学専攻、環境機能科学専攻で高度専門技術者、研究者を目指して研究を続けていくことになります。

     
   

茨城大学 工学部/都市システム工学科 大学院理工学研究科/都市システム工学専攻 Dept. of Urban & Civil Eng. Ibaraki Univ.
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1 ,TEL:(0294)-38-5177(学科事務室),FAX:(0294)-38-5268
     
 
(C) Copyright Dept. of Urban and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Ibaraki University. 2009 All rights reserved