ホーム > 工学部都市システム工学科 > カリキュラム・シラバス

   
 
     
 

教育理念
都市システム工学科では、自然環境、人間社会、そして社会基盤施設を相互依存的なシステムとしてとらえ、安全・快適・環境をキーワードとする多面的な視点を持ち、「持続発展可能な社会」の形成に貢献することのできる,自律的で個性的な新しい土木工学分野の工学者・技術者を養成することを目的としています。

学科が目指す人材像
最近の土木建設分野を取り巻く情勢を踏まえると、都市システム工学科が育成する人材は、今後、社会基盤施設の建設・維持管理、都市・地域管理を担う建設会社や自治体などに進出するとともに、環境コンサルタントやソフトウエアハウス、福祉・生活支援業務、国際機関などの新しい分野、さらに個人で行う仕事など、従来の土木分野の枠を越えたより幅の広い分野で専門家として活躍することを期待しています。

このために、学科の目指す教育は以下のように特徴づけられます。

(1) 時代の要請に応える技術者の育成
高度成長期のものづくり中心の工学では,成熟経済期、人口減少社会に代表されるこれからの時代に十分対応できず、生活者サイド、市民サイドに立って要素技術の統合をはかることが、新たな都市システム工学の使命です。さらに、誰もが経験したことのない時代を迎えるにあたり自立して新分野を開拓できる技術者を育成していかなければなりません。

(2) 新しい建設分野への対応
今後、従来型建設分野は国内市場が縮小する一方、安全・安心の保障のための防災システムの強化、地球環境に配慮した持続可能な循環型社会の構築、生活質の向上などが一層求められるため、構造物の維持管理、更新、リサイクル、環境、情報化、福祉への配慮、海外市場及び途上国支援などが相対的に重要になると予想されます。

それに伴って、今後必要とされる建設分野の方向性としては、a)要素技術を統合して構造物や地域全体の姿を描く技術(デザイン技術)や都市管理や環境管理技術、b)環境・福祉などの分野の専門的技術、c)IT、GIS、RSなどの情報技術があげられます。

すなわち、都市システム工学科では、土木工学の基本を修めるとともに、以下のような個を尊重し自律的な人材の輩出を目指します。

自分の指向を自覚し、自らの力で考えることのできる自立した人
安全で、健全、豊かな社会の形成に尽くそうという意欲をもった人
建設技術及び関連する情報技術の基礎を修得している人
要素技術あるいは統合化技術(デザイン技術)を得意として身につけている人
これらの能力は土木工学以外の分野の職業人・社会人としても有効なものであり、本学科は卒業生が各自の志向と意欲に基づいて他の分野に進む場合にもこれを支援します。

 

   

茨城大学 工学部/都市システム工学科 大学院理工学研究科/都市システム工学専攻 Dept. of Urban & Civil Eng. Ibaraki Univ.
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1 ,TEL:(0294)-38-5177(学科事務室),FAX:(0294)-38-5268
     
 
(C) Copyright Dept. of Urban and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Ibaraki University. 2009 All rights reserved