ホーム > 工学部都市システム工学科 > カリキュラム・シラバス

   
 
     
 

学習・教育到達目標
学科の理念・目指す人材像に基づき、以下の学習・教育目標を掲げております。

I. 時代の要請に応える技術者としての素養および基礎技能の育成

(i) 「広い視野と柔軟な思考」安全・環境・生活質向上をキーワードとする土木工学領域に対する広い視野と柔軟でバランスよいシステム思考を身につける。

(ii) 「地域・文化・市民社会への素養」それぞれの地域における固有の文化、社会とその規律の歴史的発達、地域や人々の相互関係や相互依存に対して理解し、社会に奉仕しようとする意欲を持ち、社会人にふさわしい幅広い知識と教養を身につける。

(iii) 「環境観」環境観を育み、持続可能な発展を支える工学技術に必要な知識と考え方を身につける。
〈環境観の視点〉
・自然環境は人類と生物にとってかけがえのない生存基盤であり、その保全には特別の配慮が必要である。
・都市と社会基盤施設の建設・管理を対象とする都市システム工学には、環境負荷の削減と環境保全に貢献する責務がある。
・技術者として、また一人の市民として、地球環境と地域の環境を守る意識を高め、そのために行動する。

(iv) 「デザイン能力、システムの計画・設計能力」都市・地域やインフラ施設の質を高めるために、要素を統合して構造物や地域全体の姿を描く技術(空間デザイン能力)、また都市管理や環境管理などシステムとして捉えるアプローチ技術を身につける。

(v) 「課題探求能力」地域の社会自然条件の制約を踏まえ、工学基礎力と専門技術を統合化して問題の設定及び解決に当たる課題探求能力を身につける。

(vi) 「自律的・継続的学習能力」時代の変化や社会の要請に応えるために、自律的かつ柔軟に対応できる能力と、生涯にわたって継続的に学習を続ける能力を身につける。

II. 新しい建設分野を担う土木技術者としての基幹技術力の育成

(i) 「技術者としての基礎力」工学者・技術者としての基礎力、すなわち学科の専門科目の基礎としての数学や自然(物理, 化学, 生物)の基礎学力ならびにコンピュータ操作の基礎からGIS、リモートセンシングなどを含む情報処理技術、さらに基本的なプレゼンテーション、コミュニケーション能力までを修得する。

(ii) 「専門基礎学力」都市基盤施設の計画、設計、施工、維持管理、補修補強、 運用に関する技術を修得し、それを応用する能力を身につける。

(iii) 「技術者倫理」専門的職業人の果たすべき役割・責任を良く理解する。

(iv) 「実際問題への応用力」土木の実務と建設プロジェクトの推進に関する基本事項を理解し、自ら計画・遂行し、結果を分析・考察する能力を身につける。

 

教育の特色

 
     
 
     
 

「安全」で「豊か」で「快適」な都市環境を創造することができる"人間的な技術者"が育つことを期待しています。そこで、都市を「自然環境-人間社会-物的施設」の相互関係からなるトータルシステムと位置づけて、そのシステムを理解し創造することができるようにカリキュラムを用意しています。 授業のカリキュラムは、関心のある分野の講義を多く受けられるように、見学・演習・少人数ゼミを通じた体験学習により最新の知識や技術を身につけられるように、構成されています。 さらに、4年次ではそれまでに習得した知識を基礎として、都市をとりまくトータルシステムの中で問題となっている個々の課題を解決するための研究を卒業研究として行います。都市システム工学科の学生が関心がある分野の研究を円滑に行うために、カリキュラムの構成にも十分な配慮をしています。

   

茨城大学 工学部/都市システム工学科 大学院理工学研究科/都市システム工学専攻 Dept. of Urban & Civil Eng. Ibaraki Univ.
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1 ,TEL:(0294)-38-5177(学科事務室),FAX:(0294)-38-5268
     
 
(C) Copyright Dept. of Urban and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Ibaraki University. 2009 All rights reserved