ホーム > 工学部都市システム工学科 > カリキュラム・シラバス

   
 
     
 

教育理念
都市システム工学科では、自然環境、人間社会、そして社会基盤施設を相互依存的なシステムとしてとらえ、安全・快適・環境をキーワードとする多面的な視点を持ち、「持続発展可能な社会」の形成に貢献することのできる,自律的で個性的な新しい土木工学分野の工学者・技術者を養成することを目的としています。

学科が目指す人材像
最近の土木建設分野を取り巻く情勢を踏まえると、都市システム工学科が育成する人材は、今後、社会基盤施設の建設・維持管理、都市・地域管理を担う建設会社や自治体などに進出するとともに、環境コンサルタントやソフトウエアハウス、福祉・生活支援業務、国際機関などの新しい分野、さらに個人で行う仕事など、従来の土木分野の枠を越えたより幅の広い分野で専門家として活躍することを期待しています。

このために、学科の目指す教育は以下のように特徴づけられます。

(1) 時代の要請に応える技術者の育成
高度成長期のものづくり中心の工学では,成熟経済期、人口減少社会に代表されるこれからの時代に十分対応できず、生活者サイド、市民サイドに立って要素技術の統合をはかることが、新たな都市システム工学の使命です。さらに、誰もが経験したことのない時代を迎えるにあたり自立して新分野を開拓できる技術者を育成していかなければなりません。

(2) 新しい建設分野への対応
今後、従来型建設分野は国内市場が縮小する一方、安全・安心の保障のための防災システムの強化、地球環境に配慮した持続可能な循環型社会の構築、生活質の向上などが一層求められるため、構造物の維持管理、更新、リサイクル、環境、情報化、福祉への配慮、海外市場及び途上国支援などが相対的に重要になると予想されます。

それに伴って、今後必要とされる建設分野の方向性としては、a)要素技術を統合して構造物や地域全体の姿を描く技術(デザイン技術)や都市管理や環境管理技術、b)環境・福祉などの分野の専門的技術、c)IT、GIS、RSなどの情報技術があげられます。

すなわち、都市システム工学科では、土木工学の基本を修めるとともに、以下のような個を尊重し自律的な人材の輩出を目指します。

自分の指向を自覚し、自らの力で考えることのできる自立した人
安全で、健全、豊かな社会の形成に尽くそうという意欲をもった人
建設技術及び関連する情報技術の基礎を修得している人
要素技術あるいは統合化技術(デザイン技術)を得意として身につけている人
これらの能力は土木工学以外の分野の職業人・社会人としても有効なものであり、本学科は卒業生が各自の志向と意欲に基づいて他の分野に進む場合にもこれを支援します。

学習・教育目標
上記の教育理念,学科が目指す人材像に基づき、以下の学習・教育目標を掲げております。

時代の要請に応える技術者としての素養および基礎技能の育成
「広い視野と柔軟な思考」安全・環境・生活質向上をキーワードとする土木工学領域に対する広い視野と柔軟でバランスよいシステム思考を身に付ける。
「地域・文化・市民社会への素養」それぞれの地域における固有の文化、社会とその規律の歴史的発達、地域や人々の相互関係や相互依存に対して理解し、社会に奉仕しようとする意欲を持ち、社会人にふさわしい幅広い知識と教養を身に付ける。
「環境観」環境観を育み、持続可能な発展を支える工学技術に必要な知識と考え方を身につける
「デザイン能力、システムの計画・設計能力」都市・地域やインフラ施設の質を高めるために、要素を統合して構造物や地域全体の姿を描く技術(空間デザイン能力)、また都市管理や環境管理などシステムとして捉えるアプローチ技術を身に付ける。
「課題探求能力」地域の社会自然条件の制約を踏まえ、工学基礎力と専門技術を統合化して問題の設定及び解決に当たる課題探求能力を身につける。
「自律的・継続的学習能力」時代の変化や社会の要請に応えるために、自律的かつ柔軟に対応できる能力と、生涯にわたって継続的に学習を続ける能力を身につける。
新しい建設分野を担う土木技術者としての基幹技術力の育成
「技術者としての基礎力」工学者・技術者としての基礎力、すなわち学科の専門科目の基礎としての数学や自然(物理、化学、生物)の基礎学力ならびにコンピュータ操作の基礎からGIS、RSなどを含む情報処理技術、さらに基本的なプレゼンテーション、コミュニケーション能力までを修得する。
「専門基礎学力」都市基盤施設の計画、設計、施工、維持管理、補修補強, 運用に関する技術を修得し、それを応用する能力を身に付ける。
「技術者倫理」専門的職業人の果たすべき役割・責任を良く理解する。
「実際問題への応用力」土木の実務と建設プロジェクトの推進に関する基本事項を理解し、自ら計画・遂行し、結果を分析・考察する能力を身に付ける。

教育の特色

 
     
 
     
 

「安全」で「豊か」で「快適」な都市環境を創造することができる"人間的な技術者"が育つことを期待しています。そこで、都市を「自然環境-人間社会-物的施設」の相互関係からなるトータルシステムと位置づけて、そのシステムを理解し創造することができるようにカリキュラムを用意しています。 授業のカリキュラムは、関心のある分野の講義を多く受けられるように、見学・演習・少人数ゼミを通じた体験学習により最新の知識や技術を身につけられるように、構成されています。 さらに、4年次ではそれまでに習得した知識を基礎として、都市をとりまくトータルシステムの中で問題となっている個々の課題を解決するための研究を卒業研究として行います。都市システム工学科の学生が関心がある分野の研究を円滑に行うために、カリキュラムの構成にも十分な配慮をしています。

     
  平成13年度入学生からは、専門の基礎・基本の重視、演習・実験の強化、高校教育からの円滑な移行、卒業時の質の確保などに対応した、新しい授業カリキュラムを実施することになりました。下の表に授業科目の一覧を掲載しましたが、『授業科目系統図<平成13年度入学生カリキュラム>』 もご覧ください。

また、平成12年度以前に入学した学生に適用されるカリキュラムについては、『授業科目系統図<平成10年度入学生カリキュラム>』 をご参照ください。
     
 

カリキュラム(平成18年度以降入学生用)
都市システム工学科学生向けの教養科目と専門科目を年次別に示しました。※印は教養科目、◎印は専門の必修科目、○印は専門の選択必修科目、その他は専門の選択科目を表します。授業科目名をクリックするとシラバスのページ(学科版)が開きます。

なお、教養科目はこれ以外にも、外国語、人文・社会の科目、健康・スポーツの科目があります。

シラバス(学科版)が掲載されていない科目については、教養科目シラバス(大学教育研究開発センター), 工学部専門科目シラバス(工学部)を参照してください。

     
  都市システム系教員
 
共通・基礎分野
研究分野
主な研究テーマ
特徴 建設工学と都市システム計画の各分野の基礎となる共通的な科目や、見学や実習・演習・実験・ゼミによる体験学習により、各専門知識の理解を深めるための科目です。 構造物の設計法、建設材料の特性、地震,津波,地滑りなど外力となる自然現象の解明、建設を効率的に行うための施工法や建設マネージメントに関する科目です。 総合的な都市システム計画論と管理・運用論、環境,防災,交通,都市情報,土地利用などの各システムの現象解明や計画策定、景観・空間の設計、社会現象の分析と制度設計に関する科目です。
1年時
※都市システム工学ゼミナールA, ※都市システム工学ゼミナールB, ※都市システム工学ゼミナールC, ※都市システム工学ゼミナールD, ※都市システム工学ゼミナールE
※コンピュータリテラシ
※微分積分 I
※社会現象と微分方程式
◎線形代数I, 線形代数II
図学
※力学I, ※力学II
力学
◎測量学
応用地質学
◎都市システム工学序論
材料力学 ○都市・地域計画
2年時
※プログラミング基礎
都市システム情報処理
◎応用数学I
数学解析I
都市システム工学製図
○数理統計I, 数理統計II
物理学実験
◎測量学実習
◎構造力学I, ○構造力学II
◎水理学I, ○水理学II
◎土の力学I, ○土の力学II
◎建設工学演習I
◎建設工学演習II
◎建設材料学
○コンクリート構造学
○リモートセンシング・環境計測法
◎地球環境工学
○上下水道工学
◎土木計画論
◎土木計画論演習
社会システム分析
交通システム
○景観工学
都市設備及び住居環境
3年時
都市システムトピックスI
◎都市システム工学実験I
◎都市システム工学実験II
◎都市システム設計演習I
◎都市システム設計演習II
都市システム工学特別講義
都市システム工学学外実習
数学解析II
数値計算法
専門英語
生態学
鋼構造及び橋梁工学
構造工学
○地震及び振動工学
海岸工学
河川・水循環工学
基礎・環境地盤工学
地下構造学
コンクリート工学
輸送施設工学
建設施工
計画数理
空間設計
建築学概論
建設意匠
4年時
都市システムトピックスII
土木行政
建築構造設計  
◎卒業研究
     
  教育の質の確保と改善サイクル
都市システム工学科では、学科会議やWGの活動を通じて、教育の質の確保と改善を図っています。
     
 
     
  【PLAN】
教務・学務WGが学科における教育実施計画の原案を作成し、科会で審議・決定する。
【DO】
学科関連教職員が計画に基づいて授業を実施・記録する。
【CHECK】
毎学期の授業(教育)全般の点検を学期末に、「授業改善委員会」を開催して行う。学科長は授業改善委員会の責任者となり、教務・学務WGが運営を担当する。
【ACTION】
点検評価から指摘された改善事項は、学科長ならびに教務・学務WGがとりまとめ、科会で審議・決定し都市システム工学科における教育プログラムの見直し・改善を実施に移す。
【その他】
上記以外に、FD(教員の資質向上)に取り組む。また、学科外の活動と協調する。
【全体のチェック】
JABEE WGがPDCAサイクルをチェックする機能を担い,学科の教育改善の推進力となる。

茨城大学 工学部/都市システム工学科 大学院理工学研究科/都市システム工学専攻 Dept. of Urban & Civil Eng. Ibaraki Univ.
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1 ,TEL:(0294)-38-5177(学科事務室),FAX:(0294)-38-5268
     
 
(C) Copyright Dept. of Urban and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Ibaraki University. 2009 All rights reserved